福島範昌 / FUKUSHIMA NORIAKI

福島範昌

福島範昌(ふくしま・のりあき)

プロフェッショナル英語コーチ

高校卒業後、徳之島より上京。独学で英語を習得し、7万円をポケットにヨーロッパ・中近東を1年間ヒッチハイク。29歳の時、上智大学比較文化学部(現在の国際教養学部)に社会人入学(2児の父親)。入学と同時に通訳ガイド国家試験と英検1級に合格。通訳、国際会議論文翻訳、英語塾経営をしながら1986年、上智大学大学院修士課程(社会学、比較文化学)にて修士号取得。同年、国際交流クラブ「WIC」を設立。40カ国から約2000名の会員を集めて東京、鎌倉、山中湖を中心として様々な活動を展開。その後日本人に合った新しい英語教授法を求めて、オーストラリアの大学博士課程で応用言語学を研究し、98年に帰国。現在、静岡市にENGLISHBOX(英語学校)を設立。「初心者でも2年間でバイリンガルになれるプログラム」を発表し、バイリンガルの養成に情熱を燃やしている。また執筆、講演活動もおこなっている。
現在、英語学校ENGLISHBOX 代表

著書
『国際化時代のサバイバル術』(山海堂)
Functions in English (Sony Language Laboratory)
『英語が英語のままわかる本』(ジャパンタイムズ)
『英語の頭で書ける本』(ジャパンタイムズ)
『大人の自己演出養成講座』(IBCパブリッシング)
『あなたも2年でバイリンガルになれる!』(三修社)

訳書
『ジャパン・アズ・ナンバーワン?』(エズラ・ヴォーゲル)
『最後に残る知恵』(ダニエル・ベル)
『日本再生・アジア新生』(マハティ-ル・ビン・モハマッド)
『思いやりの経済学』(ジョン・ケネス・ガルブレイス)
『アメリカを幸福にし、世界を不幸にする不条理な仕組み』(カレル・ヴォン・ウォルフレン)
他多数。