門脇 幸 / KADOWAKI SACHI

門脇幸(かどわき・さち)

アーティスト支援プロデューサー

14歳で単身上京しミュージカル「アニー」ジュリー役でデビュー。フリーでの活動後、劇団四季へ。退団後、2005年地元高知にて3歳からのエンターテイメントスクールを開校(現在はクローズ)。後進の育成、ミュージカル制作、映画制作等に関わる。2019年一般社団法人日本市民ミュージカル協会を設立し代表理事となる。2020年青山学院大学大学院総合文化政策学研究科を卒業。修士論文は「「市民参加型」舞台芸術が市民にもたらす影響の研究〜長野県佐久市コスモホールのケーススタディ〜 」。2020年4月20日コロナ禍で表現活動が減少したアーティストと、アーティストを夢見る若手、そして観劇、鑑賞者側の支援者を繋ぐ目的でFacebook上に公開グループをスタート。現在は1800名を超え、音楽、舞踊、文化等様々なジャンルのアーティストと支援者が集っている。このグループをきっかけに、「アーティスト活動の幅を広げる新しいスタイルの提案」するアーティスト支援を目的としたエージェント契約の株式会社KとSを設立。

活動歴
ミュージカル「アニー」(青山劇場)出演
舞台山本富士子公演「舞化粧」出演
ミュージカル「美女と野獣」出演
映画「パーマネント野ばら」演出部(方言訳・現場指導)
映画「桐島。部活やめるってよ」地元キャスティング担当
島根県民ミュージカル「ビリーブ・イン・ミー」振付
愛媛県八幡浜市民ミュージカル「二宮忠八物語」振付
高知県観光特使 ご当地アイドル「はちきんガールズ」プロデュース 茨城県文化プログラムコーディネーター

現在
静岡県文化プログラム推進委員会 プログラムコーディネーター
一般社団法人日本市民ミュージカル協会 代表理事
株式会社KとS 取締役