山名清隆 / YAMANA KIYOTAKAミズベリングプロジェクトプロデューサー、 (株)スコップ代表取締役社長

写真-山名清隆(全身)

山名清隆(やまな・きよたか)

ミズベリングプロジェクトプロデューサー
(株)スコップ代表取締役社長

1960年静岡県菊川市生まれ。東京デザイナー学院名古屋校卒。
EXPO85日本政府館ディレクター、米国フードトレンド情報誌編集長、TV番組キャスターなどを経て、広報プロデュース会社を起業。首都圏外郭放水路、東京外環自動車道、日比谷共同溝、首都高山手トンネル、鶴見川遊水地など大型公共事業の広報計画を多数手がける。
近年はソーシャルデザイン型公民連携プロジェクトを創出。夫婦環境を保全する「日本愛妻家協会」褒めて事故を減らす「東京スマートドライバー」水辺の創造力を高める「ミズベリング」など、重い社会課題をポジティブなムーブメントに変えるプロジェクトを展開している。
日本愛妻家協会の活動を通じNETFLIX、CNN、BBC、アルジャジーラ、NHKなど国内外の多数のメディアに対応。妻と共に国際社会での日本人男性像を変える努力をしている。
東京大学、神戸大学、山形芸術工科大学、国土交通大学校などで講義。
地域づくり総務大臣表彰。2018年GOOD DESIGN賞経済産業大臣賞など。